2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 連休初日 | トップページ | ボルゾイ単独展 »

第一回ワン連れハイキング

2日はクララ家とハイキングheart04

歩くのは苦手な私から言い出したハイキング。

完走ならぬ完歩できるのかっcoldsweats01

クララ家の近くにいいハイキングコースがあるのを地方紙でみたので

さっそくくららままに聞いてみると、ちょうどいいコースらしい。

10時、クララ家に車を置き、ハイキングスタート・・・・

Photo_18

クララ家自体が山の上にあるので、そこから下の道まで出るのも

すでに大変な道のり(笑)

暑い中、ひたすらスタートの駅を目指します。

そこでクララパパと合流。ハイキングのゴールに車を持って行ってくれてましたhappy01

スタートの駅からいよいよ本格的にハイキングup

山に向かって少し歩くと小川が流れていました。

さっそくワンズはクールダウン

Photo_19 

さっそく浸かってしまう琴音さん・・・despair

Photo_20

クララと大雅「お水冷たくておいしいね~~~」

Photo_21

まず最初の目的地、五常の滝を目指してGOup

Photo_22

今回の御供は琴音・大雅・クララ・ルーサです。

琴音は坂道もルンルン元気いっぱいに歩きますsign03

そして第一の目的地、滝に到着~~

Photo_23

滝のそばはマイナスイオンがたっぷりで清々しいとってもひんやりとした空気に包まれてましたhappy02

Photo_24

滝からまたハイキングコースへ

またしばらくアスファルトの山道を登ります。

子供たちは湧き水などに寄り道をしながら・・・

Sp1010105 

水はとっても澄んでいて冷たかったshine

そして歩き始めて2時間・・・3つの山を越えるハイキングですが、まだ一つも越えてない・・・

でもお腹がすいたのでお昼~~~~

なんとくららままがお弁当を作ってくれていましたhappy02

ご馳走様でした~~~

Photo_26 

外で食べるご飯はまた格別notes

ワンズもお水を飲んで休憩・・・

でもクララ&ルーサはお疲れ??coldsweats01

Photo_27

うとうとしてます

Sp1010120

さぁ~おなかもいっぱいになったことだし、しゅっぱぁ~~つsign03

Photo_28 

山を一つ越え芝生の広場でちょっと休憩

Photo_29

さぁもうひと踏ん張り

二つ目の山を越え、3つ目。

頂上です

Photo_30

やった~~~sign03景色は綺麗だし、登ったぞ!!という達成感。

不思議と疲れは忘れちゃいました。

登ったら下りる・・・

険しい岩山です・・・ですが事件勃発。

最初にはしゃぎすぎた琴音さん。この頃から歩くのを嫌がるので足を見てみると

破れてませんが、全部の肉球がマメ状態wobbly

でも抱っこしては降りれないのでなんとか下まで頑張ってもらいました。

Photo_31

総距離は分かりませんが、6時間のハイキング。

つらいところもあったけど、終わってみると楽しかったnotes

第二回もやりましょうね~~~クララ家sign03

そして小腹が空いたので、近くにあったカフェへ

Photo_32

Photo_33

ベジタブルのみのお店なんですが・・・・私の口には・・・・・・・・・・合いませんでした。

ハンバーガーはお肉がいいよ~coldsweats01

今回も一日、お付き合いありがとうございました。

« 連休初日 | トップページ | ボルゾイ単独展 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

いやー疲れましたね〜
いつものハイキングコースの倍ありました。
頂上に着いた時の達成感はなんともいえないものがありますhappy01とても楽しい1日でしたhappy01
第2回も誘ってくださいねup

クララパパ>

わざわざ歩くのなんてって思っていた私でしたが、去年の巾着田まで歩いたのから、なんかちょっとだけ楽しくなってきましたnotes
でもたぶん、自分だけで歩くのだったらもうすぐに引き返してると思いますがみんなと一緒だし、ワンズが一緒だとなんかより楽しいですね~~~heart04
ぜひぜひまた第2回をやりましょ~~sign03
今度はペース配分のできるワンコをお供させますが・・・despair

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休初日 | トップページ | ボルゾイ単独展 »